ジャパリジェンヌの小部屋

ジャパリジェンヌのお気に入りあれこれ。 妄想セレクトショップ、もしくは物欲処理場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

EAU DE ROSES(ローズウォーター)

ある日ジャパリジェンヌは思った。

「ヤヴァイ!女性ホルモンが底をついている!」

妊娠・出産・授乳…、なんだかすっかり女性ホルモンを使い切ってしまった気がする。いわんやフェロモンをや。
というわけで、女性ホルモンを活性化させるといわれる「薔薇」、これをね、もうつべこべ言わず、手っ取り早く飲んじゃいましょうってことで。
ローズウォーターです。

rosewater

こちらは「GASTON MONTEUX ET SES FILS」というフランスの精油を製造している会社のEAU DE ROSES(ローズウォーター)で食用可能なもの。ラベルが乙女っぽくて、いかにも女性ホルモンが活性化されそう!(なにごとも思い込みが大事)
パリのボンマルシェエピスリーにて購入、値段忘れたけどとっても安かった。

ジャパリジェンヌは毎朝コップ1杯のお白湯(体冷やさないために水よりもお白湯)に、このローズウォーターをほーんの少量、ティースプーンに半分くらいいれて飲みます。
これがね、まぁ正直そんなにおいしいものではないのよね。だから「朝っぱらから薔薇のお水を飲んでいる自分」に酔ってみる。あれ、私ひょっとして…女優だった?みたいな思い切った勘違いとか必要。そうすれば女性ホルモンも、お客さんそこまで思い切っちゃうなら…ってしぶしぶ活性化するはず。

花の命は短いもの、開栓後のローズウォーターは冷蔵庫で保存してなるべく早く使った方がよさそうです。でもうちのローズウォーターぜんぜん減らないんだけど。ま、あまり減らないようだったらとりあえず頭からかぶっちゃえばいっか。ね。

肝心の効果のほどだけど…お肌の調子はそこそこよろしいような。あと1日のはじまりがとても穏やかなような(なにごとも思い込みが大事、本日2回目の登場)。
そんなわけでローズウォーター、これからもお世話になります。「薔薇」という漢字、きちんとかけるように練習します。

-----------------------------------------------------
ジャパリジェンヌと同じローズウォーターはこちらのショップで買えるようです。
お菓子材料の店クオカ→http://www.cuoca.com/item/18317.html

楽天でみつけたのはチュニジア産のローズウォーター。パッケージがこれまた乙女。

バラの香りのフラワーウォーターローズウォーター240ml
スポンサーサイト
  1. 2009/06/04(木) 07:48:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。